これからの時代は「 本業+副業 」で稼ぐようになっていく

 
 
 
「コロナで夏のボーナスが激減し収入が減った」
「食費を切りつめてもこのままでは家計が厳しくなるばかりだ」
「家のローンの支払いが厳しくなった」

 
 

悲痛な声が聞こえてきます。ある調査では、収入が減った人は37%だったそうです。減った収入をおぎなうためには、副業で稼いでいく。「本業+副業」で稼いでいく時代へ変わっていく。

 

 
結論:自分自身が持っているスキルやノウハウを商品化し売っていく
 

 
【目次】
1.「 本業 + 副業 」で稼ぐ時代
2.自分が持っているスキルは何か
3.自分の持っているスキルを商品化
4.人気の副業
5.集客方法

 

 

1.「 本業 + 副業 」で稼ぐ時代

 

これからの時代は「 本業 + 副業 」で稼ぐようになっていく。

 

もはや本業で頑張っても収入が増える見込みがない。それどころか減っている状態です。国税庁の調査によると2019年のサラリーマンなどで働く人の平均年収はおよそ436万円(手取り350万円程度)です。この金額では家計が厳しいという声もわかります。収入を増やさなければ、将来深刻な事態になりかねない状態です。コロナの影響もあるので不安は解消されないことと思います。

 

それでは一体いくら稼げばいいのか、参考までに以下を見てください。

 

30代、40代のライフイベントでかかる平均的な費用の参考例(りそな銀行調べ)

結婚費用 約488万円(結納・婚約から新婚旅行までにかかる費用総額)
教育資金 子ども1人当たり約950万円(幼稚園から大学まですべて公立の場合にかかる学習費用総額)
住宅購入費 約3,340万円(2018年度における住宅の全国平均購入価格)
老後の生活費 1ヵ月当たり約24万円(夫65歳以上、妻60歳以上の高齢夫婦無職世帯の家計収支・消費支出)
介護費用 1ヵ月当たり約17万円(介護保険受給者1人当たり費用額)
緊急資金 約60万円(1ヵ月の生活費が20万円と想定し、生活費の3ヵ月分~1年分を確保する)

出典:https://www.resonabank.co.jp/kojin/toshin/column/column_toshin_0004.html

 

 

かなりお金がかかるのがわかります。

20代の平均手取り額は、20代前半で210万円、20代後半で290万円くらいです。30代以降、かかる費用がこれだけあるとなると目の前が真っ暗です。絶望的と言ってもいいくらいです。政府の後押しもあり、会社は副業を解禁し始めました。その結果、少しでも将来のことを考えて副業をしていく人が増えているのがよくわかります。
 

高いスキルがある人では副業だけで10~20万円を超える額を稼いでいる人もいます。なかには本業を超える人も数%いるそうです。副業のポイントは、自分の持っているスキルや経験をいかして稼いでいく。コンビニバイトのような稼ぎ方はしない、ということです。時間給で働くような副業では収入を増やそうとすると、働く時間を増やさなければいけない。効率的に稼ぐには時間給ではない働き方をしないといけなくなります。副業での目標年収は100万円とします。このハードルはそれほど高くない額です。この年収をクリアーするために事前準備をしていきます。

 

 

パーソル総合研究所の調査によると

副業をしている時間:平均10.32時間/週

副業で得ている月収:平均6.82万円
 

 

 
 

 

本業に支障が出るような働き方をしてしまっては、元も子もありません。限られた時間を有効に使って稼ぐ方法がベストな選択です。それには、いま自分が持っている能力を最大限に活用して稼ぐことを基本として副業をみていかないといけない。副業をしている人は就業人口の1割程度のようです。今後ますます増えていく可能性があります。仕事の需要はあるようなので、いまから準備しても遅くはありません。

 

 

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000177.000014515.html

 

 

 

2.自分が持っているスキルは何か

どんな人でも得意なことがあるものです。自分のスキルを書き出してみる。

お菓子作りが得意だとか、編み物が得意だとか、そのなかから売れそうなスキルを商品化していきます。商品化するためには準備はかかせません。完成後はインターネットを使って稼いでいきます。スキルを売っていけるプラットフォームがあるのでここに登録して売ることができます。

 

代表的なスキルを売るプラットフォーム

ストアカ https://www.street-academy.com/

 

 

 

ストアカの特徴は講師のレベルが高いそうです。サイト上に受講生からレビューをもらえる機能があるため高評価を得られないと受講生が集まりません。そのため必然的に信頼される講師が多くなっていく仕組みになっています。すでにプロで活躍されている講師もいます。

 

参考例)

  • ビジネススキル
  • Web・IT・デザイン
  • 写真・映像
  • ハンドメイド・クラフト
  • ものづくり・DIY
  • 料理・グルメ
  • ビューティー・ヘルス
  • ヨガ・フィットネス
  • スポーツ・アウトドア
  • 英語・語学
  • 起業・副業・キャリア
  • ライフハック・自己啓発
  • 文化・教養
  • 趣味・ライフスタイル
  • 子育て・キッズ

 
 
<ストアカ売上ランキング>

下記は日経ビジネスが年間売上高を推計した2019年にストアカで売れた講座ランキング
 

順位 主な講座 1年間で教えた人数 日経ビジネスが推計した年間売上高
1 「インスタ映え」する料理教室 2700人 1290万円
2 写真の「撮られ方」講座 2410人 2210万円
3 ボイストレーニング 2100人 1380万円
4 少人数制「伝わる話し方」 1950人 580万円
5 1日で成長するPhotoshop 1800人 1530万円
6 即使えるコピーライティング 1650人 660万円
7 賃貸でもOKなリノベーション・DIY 1640人 820万円
8 簡単ストレッチの方法 1350人 560万円
9 トップクリエーターによるデザイン講座 1200人 450万円
10 魚のさばき方 初級編 1160人 750万円

出典:https://business.nikkei.com/atcl/forum/19/00027/020700004/?P=2

 
 
 
ストアカ以外にも以下のようなサイトがおススメです。
 
クラウドワークス
https://crowdworks.jp/

ランサーズ
https://www.lancers.jp/

ママワークス
https://mamaworks.jp/

シュフティ
https://app.shufti.jp/
 

 
 
 

3.自分の持っているスキルを商品化

どのようにして自分の持っているものを商品化していけばいいのか、わからない人はストアカで活躍している人の講義を受講してみるのがおススメです。人気がある講義の仕方を参考に商品化していきます。副業と言ってもビジネスですので、質の低い内容では受講生が集まりません。ニーズがあるところに高品質な商品やサービスを提供していくことが成功への近道です。プロとしての自覚をもたなければいけない。そのためには先人に学ぶのがもっといい方法です。

 

  • 自分のスタイルで商品化しないこと
  • お客様目線で商品開発をしていくこと
  • すぐれた先人に学ぶ

 

 

4.人気の副業

 

「エンジニア」
「デザイナー」
「ライター」
 

例)
Webシステム・アプリ開発
チラシ・ロゴ作成
インタビュー・取材記事執筆

 
 
この3つの仕事は、副業として稼ぎやすい仕事です。とても人気があります。自分が持っているスキルをうまく副業に結びつけていくことが、重要なポイントになります。副業をするとき、稼ぎやすい副業と稼ぎにくい副業があります。副業として需要がある仕事が稼ぎやすい。どのような仕事があるのか、事前に調べておくといいでしょう。

 
 

 
 

 

5.集客方法

 
● SNSとブログで宣伝する
 

インターネットを最大限活用します。いまやSNSはあたりまえです。SNSとブログを使って情報を発信していきます。とくにTwitterは反応率が高くとても有効です。Twitterのフォロワー数は1000を目指しましょう。またYouTubeも見逃すことができない手段です。動画でPRできるのでメリットは大きい。できることからスタートします。考え込んでしまい何も行動をしないのがとても良くないことです。
 
Twitterとブログを立ち上げて日々情報発信をしていきます。最初は大変ですが慣れてくれば、苦にならず日常的に行えます。有益な情報を日々発信していくと信頼が得られます。仮にストアカで講座を開講しても信頼がない状態では集客が難しく苦戦するかもしれません。開講前に信頼が得られるようにしておきます。そのほうがスムーズに集客ができます。

 

▼ Twitter 効果的な時間帯

6時~8時
12時~13時
20時~22時 ← ゴールデンタイム

 

 

ブログの開設に苦労する方もいます。WordPressの場合だとやや専門的なことを学ばないといけませんが、ググってみるとWordPressの使い方が検索できます。これを参考に試しにやってみてください。WordPress以外ではnoteもおススメです。noteはシンプルなフォーマットのみですが、広告表示されることなく無料で使えます。

 

WordPress特徴

  • デザイン性
  • プログラムの知識不要
  • スマホ対応
  • SEO対策
  • テーマ無料(有料版もある)

 
参考)WordPress 無料テーマ Cocoon  https://wp-cocoon.com/

見た目はシンプルですが高機能です。
 

 
 
 
お金がかからないで宣伝ができる時代です。ハードルがとても低くなっています。空いた時間に少しづつ始めれば数ヶ月後には完成しています。副業を目指している方には、いい時代になっています。

 

 

 

まとめ

 

これからは「 本業 + 副業 」で稼ぐ時代になっていく。

 

① 自分のスキルを書き出してみる
② 商品化していく(すぐれた先人の仕方を学ぶ)
③ インターネットのプラットフォームに登録する
④ インターネットで宣伝する(SNSとブログ)

 

<注意点>

  • 自分のスタイルで商品化しないこと
  • お客様目線で商品開発をしていくこと
  • すぐれた先人に学ぶ