【SEO】Googleは成果が出るまで通常は 4 か月から 1 年かかると述べている

 

POINT

◆ 他者に先駆けて一早く情報を収集する。

◆ 話題になりそうなキーワードを見つける。

◆ 検索キーワードから関連ワードを見つける。

◆ マインドマップを利用し記事を書く。

 

 

ブログでもホームページでもユーザーに読んでもらえなければ意味をなさない。誰も読まないサイトに労力と時間を費やしてもムダなだけ。だからこそSEO対策は重要となってくる。特に新規に開設したサイトでは特に気になるところです。毎日のアクセス数がどのくらいなのか。どの記事が読まれているのか絶えず気になってしまいます。業者さんに高い料金を支払って作成したものなら、なおのこと重要視してしまいます。

 

それでは実際に成果が出るまでどのくらいかかるのか。人によっては3ヶ月という人もいれば半年かかるという人もいる。あまりにも差がありすぎて誰を信じていいのか悩んでしまいます。

 

Googleは成果が出るまで
『成果が出るまで時間がかかることを忘れないでください。変更に着手してからメリットが得られるようになるまで、通常は 4 か月から 1 年かかります。』
と言っている。

出典:https://support.google.com/webmasters/answer/35291?hl=ja

 

 

 

初めて聞いた人はそんなにかかるの。と驚いた人もいるかもしれませんが、結構かかるもんなんです。僕の経験から判断すると3ヶ月くらいから徐々に増え始めます。それまではほぼゼロ。そのくらい厳しい現実があります。そこで必要になってくるのがSEO対策です。

 

検索順位を決めているアルゴリズムを正確に答えられる人はいない。Googleは公式に発表していないので推測で判断しています。なので外れることもあれば当たることもある。またGoogleは頻繁にアルゴリズムを変更しているので、以前正しかったことでも通用しなくなることもある。

 

日本の場合はTwitterからブログやWebサイトへ導線をつくるやり方がとても有益です。Twitterは相性がいい。ブログ制作もWordPressを使えば専門知識がない人でも簡単に始められる。こうなるとコンテンツの中身が勝敗を大きく決めることになる。

 

他者よりも早く情報をつかみ人気記事になるコンテンツを作成する。そのため情報収集能力は必要となって来る。たとえば、 Twitter トレンド速報 で常に最新の情報を入手するなど工夫をします。さらに検索キーワードだけでなく、関連ワードも含めて記事を書かなければいけない。関連ワードは分析ツールを使えば容易に取得できるが、やはり文章を書く苦労は変わりない。

 

Googleは意図検索のシステム開発に5年をかけていることからその重要度が高いことが理解できる。このことからユーザーが何を求めているのかが、とても重要になってくる。ここを読み間違えると読まれない記事になってしまう。

 

 

マインドマップを利用する

検索キーワードから関連ワードを探し出し、マインドマップ形式で記事を考えてみる。マインドマップを使うことによって思考が整理され文章の質が格段に良くなる。マインドマップのいいところは関連性が見て取れるところ。関連性がないキーワードを外したい場合はマインドマップは有効です。つながらなかった事柄がスムーズにつなげるようになり文章の質があがる。

 

 

 

 

まとめ

 

SEO対策は結果が出るまでまで時間がかかる。Googleは「変更に着手してからメリットが得られるようになるまで、通常は 4 か月から 1 年かかる」と言っています。最低でも地味な作業を数ヶ月間はしなければなりません。

他者よりも早く情報をつかみ人気記事になるコンテンツを作成する能力は必要となって来る。検索キーワードだけでなく、関連ワードも含めて記事を書きます。Googleは意図検索を重要視していますので関連ワードの出現率がとても重要となってくる。

関連性があるキーワードを使って文章を書く際、マインドマップを使うと思考が整理されスムーズに記事が書けるようになる。