ライバルに差をつけるには何をすべきか

 
 

「競合他者に差をつけるには何をすればいいのか」
「商品やサービスがマネされてしまい顧客が奪われる」
「結局、価格競争になってしまい儲からない」
 

このような悩みにお応えします。
 
 

1.競合と差をつけるには何をすればいいのか

 
アイデアや革新性、あるいは高品質な商品で勝負することが一般的な考えですが、これらのことはすぐに他者がマネをして追いつかれてしまいます。いいものは、すぐにマネされてしまいます。差別化をはかるためには、他にはマネされない独自のものがないと優位に立てません。

 
ブランド化する
長期的に優位な状況をつくり出すためには、ブランド化が挙げられます。ブランドはマネすることができない唯一無二なものです。他に代替えがきかないものです。これを作り上げていきます。それには、ずば抜けた大胆さや得意性が必要です。誰にもモネをできないものが、それが個性です。パーソナリティはマネできないのです。

 
顧客の中で作り上げられるイメージそのものがブランド化していく。
 
・あなたの個性を一言で表現する
・あなたの個性をキャッチコピーで表現する
・あなたの個性をキャラクターで表現する
 
 
一言・・・検索キーワード
キャッチコピー・・・ディスクリプション
キャラクター・・・イメージ画像
 

 

 

2.パーソナリティをつくり上げる

 
あなたのことをストーリーとして作り上げる。過去のことを物語にします。これで勝負します。なぜなら、人が経験してきたことは、ふたつと存在しないからです。大胆な物語は顧客を引きつけます。失敗談や経験談を、おもしろおかしくストーリーにしていきます。これが元となり他者と差別化でき、やがてブランド化されます。
 

ささいなことから物語をつくります。たとえば、ルールを守ったばかりに損をした話。これは、「生真面目さ」を表現しています。キーワードは、真面目さになります。
 

「真面目さ」からイメージされる言葉は
几帳面、熱意、一生懸命、信頼、責任感、正直、真剣・・・
これらの言葉を、商品やサービスと結びつけてブランド化していきます。
 
 
(自問自答する)
なぜこの商品やサービスが存在するのか

過去のにがい経験や苦労したことから

この商品やサービスにたどり着いた

これを物語にして語る

語り続けると

やがてブランド化される

 

  

 

まとめ

 

最初は革新的でいい商品であっても、他者にマネされ顧客が奪われてしまう。ビジネスでは当然起こり得ることです。そうなっても困らないように、同時にブランド化を進めていきます。そうすれば、たとえ競合にマネされてもブランド力で顧客に選んでもらえるようになります。