2022年WEB業界転職市場 WEBデザイナーに求められるスキルとは

 
 
 
2022年WEB業界転職市場
市場はこう動く、WEBデザイナーに求められるスキルはこれだ!

 

◎スマホファーストデザイン
◎UI/UXを意識したデザイン
◎4G→5G対応デザイン

 

この3つのスキルが求められる時代です。

今までの常識では、対応が難しくなってきます。新たな時代が、もう時期来ます。2025年には5Gが4Gを上回り、5Gが当たり前の時代になっています。そのときに、慌ててスキルを磨いても、もう遅い。手遅れです。他の人にポジションを取られてしまっています。そうならないために、今のうちにスキルを磨いておくことが重要です。5Gの世界を想像できない人は、稼げないと思って間違いありません。5Gは確実にやってきます。

 

実務未経験者が採用されるためには、絶対に身につけたいスキルはUI/UXデザインです。これは必須です。時代はスマホファーストです。すでに、7割のユーザーがスマホで見る時代です。スマホファーストでデザインを考えられない人は、採用されない。今年が、スマホファースト元年とも言われています。Googleが、検索評価指標としてスマホファーストを実装したからです。来年は、さらにスマホの利用者が拡大し、WEBデザインはスマホ中心となっていきます。
 
 
UI:ユーザーインターフェイス(User Interface)
UX:ユーザーエクスペリエンス(User eXperience)
 


 
 

 
UI/UXデザイナー人材不足
 
DX白書2021によると、日本では質の高いUI/UXデザイナーの人材が不足している、と69.7%の企業が回答しています。2022年、5G対応のデザインができる人材の争奪戦が始まろうとしています。アメリカでは、5Gを意識したWEBデザインが続々とリリースしています。また、4Gで制作されたものを、5G対応へリニューアルするところが出てきています。今後、5GのWEBデザインの需要が増えてきます。スマホファースト、UI/UXデザイン、そして5G対応。この3つを意識したデザインが主流になります。
 

 

 

 

 
▼ 衝撃の事実

アメリカでは、Webデザイナーの平均年収はベビーシッターの平均年収と さほど変わらないところまできている。Webデザイナーの年収の下落が止まらない。従来のスキルだけでは、もはや稼げなくなっている。この事実をしっかり受け止めることが、未来につながります。アメリカで起きていることは、日本でも確実に起こります。新たな時代に対応できないWebデザイナーは、稼ぐことはできない。5Gの流れは、誰にも止められない。

 
indeedによると平均年収は
Webデザイナー $49,795
ベビーシッター $45,609
 

 

 
 

 

時代はモバイルファーストへ変わっていく

すでにスマホの利用率が6割以上を占めており、Webサイトの閲覧はスマホで、という流れになっていくことは確実に起こります。今はWEB制作はPCの画面がメインで、その後スマホ対応にしていくレシポンシブデザインですが、今後はスマホがメインでデザインを考えていく時代になっていく。

 

<スマホ流れの要因>

◎ スマホの普及率が増加、値段がさらに下がる。
◎ Googleが2021年6月にcore web vitals(コアウェブバイタル)を実装。
◎ 5Gによって動画もスムーズに見れる時代になっていく。

 

 

 

 

 

まとめ

 
2022年WEB業界転職市場
WEBデザイナーに求められるスキルは次の3つです。

 

◎スマホファーストデザイン
◎UI/UXを意識したデザイン
◎4G→5G対応デザイン

 
もう時期、5Gが当たり前の時代になっています。5G対応のWEBサイトの需要が増えてきます。この波に乗り遅れた人は、転職が難しい時代になります。

 
スマホの流れは誰にも止められない。これからはスマホがメインで考えていくことが、必要になって行く時代に変わっていきます。スマホの使い勝手がより良いものにしていくことが、求められることになっていくます。